プレミアムマルシェ

おうちで簡単!本格スパイスカレー

~ライスジュレがあれば、ルーがなくてもこんなに簡単に本格カレーが作れる~

  • [ 調理時間 ]20分
  • [ 使用商品 ]ライスジュレ 白米ハードタイプ
  • [ 難易度 ]★☆☆
  • [ アレルギー対応 ]小麦、卵、乳

材料(6皿分)

  • ライスジュレ(白米ハード) ・・・ 200g
  • とりもも肉 ・・・ 200g ※豚肉・牛肉でもおいしく作れます
  • にんじん ・・・ 1本(150g)
  • 玉ねぎ ・・・ 1玉(180g)
  • じゃがいも ・・・ 2個(160g)
  • 蒸し大豆 ・・・ 60g
  • にんにく ・・・ 5g
  • 生姜 ・・・ 5g
  • 醤油 ・・・ 35g ※小麦が含まれている商品がありますので、ご注意ください
  • はちみつ ・・・ 50g
  • 酢 ・・・ 10g
  • 塩 ・・・ 5g
  • コンソメ  ・・・ 6g ※小麦が含まれている商品がありますので、ご注意ください
  • 水 ・・・ 800cc

● スパイス

  • ターメリック ・・・  10g
  • コリアンダー ・・・ 10g
  • クミン ・・・  20g
  • チリパウダー  ・・・ お好みで辛さを調整ください ※スパイスは市販のブレンドされているカレーパウダーでも代用可能です
  • オリーブオイル ・・・  20g ※ココナッツオイルでも可

作り方

  • 1にんにくと生姜をみじん切りにし、油(分量外)を引いた鍋で炒め、香りを出す。
  • 2一口大に切ったとり肉を入れ、中火で炒める。
  • 3くし切りにした玉ねぎ、乱切りにしたにんじん・じゃがいもを入れ、中火で炒める。
  • 4水をいれる。
  • 5大豆を入れ、中火で10分ほど煮込む。
  • 6別のボウルで、スパイスをオリーブオイルと混ぜ、スパイスと油をなじませておく。
  • 7鍋で煮込んでいる材料がやわらかくなったら、醤油・はちみつ・酢・塩・コンソメ、(6)のスパイスをいれ味を整える。
  • 8電子レンジで温めたライスジュレを鍋にすこしずつ溶き入れる。
    ※ライスジュレの温め方は、「基本の使い方動画」も参考にしてください。

料理のコツ・ポイント

  • スパイスは炒めなくても、油と混ぜることで香りが引き立ちます。
  • (8)の工程では、別のボウルであらかじめお玉1杯分の煮汁とライスジュレを混ぜておくとダマになりにくくなります。
レシピ考案ヤマグチヒロさん

ライスジュレがあれば、カレールーを使わないのに、カレールーを使ってつくる工程で簡単にカレーがつくれます。
子供も大人も同じ鍋で一気につくれることがポイントで、もし辛さが足りなければテーブルでチリパウダーを振りかけてもらえば一瞬で大人のカレーになります。
難しく思われがちなスパイスが、実は手軽で簡単だということを知ってもらえたら嬉しいです。

「食」を軸としたイベントの企画・運営や、企業の新商品開発、企業へのケータリング提供、飲食店等へのレシピ提案など食に関わる活動は多岐にわたる。
毎週金曜日には代官山でオリジナルブランド「Chinspiration Curry」のランチ営業、予約制で夜のコース料理の提供を行なっている。

WEB:http://allenatore.jp/collective_div/hiro-yamaguchi/