プレミアムマルシェ

Premium Marché 特選素材 6月は「梅とハチミツ」 Premium Marché 特選素材 6月は「梅とハチミツ」
楽しく読む

Premium Marché 特選素材

6月は「梅とハチミツ」

私たちは「梅の実が熟す頃の雨」を梅雨(つゆ)と呼び、さらには梅干し・梅酒作りといった“梅仕事”を楽しみながら、雨の季節を過ごします。また、梅をはじめとする植物の受粉にはミツバチの存在が欠かせません。2月の梅の開花時期にはミツバチが梅の花を訪れ、5~6月になると、山や畑、さらには街路樹の植え込みや公園の花壇などを飛び回って蜜を集めます。

6月のプレミアムマルシェは「梅とハチミツ」をテーマに、和歌山県・口熊野地方で南高梅(なんこううめ)の有機栽培や昔ながらの梅干作りに取り組む深見梅店と、大阪市・梅田で都市養蜂を行う梅田ミツバチプロジェクトに話を伺いました。

人と環境に優しく。南高梅の有機栽培と昔ながらの梅干作りを行う「深見梅店」

人と環境に優しく。南高梅の有機栽培と昔ながらの梅干作りを行う「深見梅店」

生まれ育った故郷が“オーガニックの梅の郷”になることを目指して

世界遺産・熊野古道の玄関口である、和歌山県西牟婁(にしむろ)郡上富田町。四代続く南高梅干専門店の深見梅店は、和歌山県内で育った選りすぐりの完熟南高梅で仕込む梅干しを、昔ながらの製法を守りながら製造・販売しています。さらには、有機JAS認定を受けた自社農園で育てる有機梅の通信販売や、オーガニックの梅干作りも行っています。

良質な赤土や山の斜面を活かした、歴史ある梅の産地

良質な赤土や山の斜面を活かした、歴史ある梅の産地

日本一の梅の産地、和歌山。中でも、皮がうすく柔らかな果肉をたくわえた南高梅は梅のトップブランドであり、その梅干しは高級贈答品としても人気です。今回プレミアムマルシェが訪れた紀州口熊野地方は、熊野三山へと通じる熊野古道のスタート地点であり、古くから梅の産地として繁栄。というのも、江戸時代に痩せ地は地租が免除され、藩主も梅の栽培を奨励・保護したことから、梅の栽培が広まったとされています。南高梅は山の斜面でも育つことから山の至る所で栽培され、良質な赤土によってふっくら大きな実を育み続けています。

木で完全に熟し、自然に落ちた南高梅を梅干に使用

木で完全に熟し、自然に落ちた南高梅を梅干に使用

5月中旬~6月上旬には、梅シロップや梅酒に最適な青梅の収穫が始まります。夏の季語でもある青梅は、そのフレッシュな香りが特徴。収穫時期を見極めながら、一粒ずつ手で収穫します。6月中旬になると、梅干しに最適な完熟梅の収穫がスタート。といっても、青梅のように枝からもぎ取るのではなく、山の斜面に敷き詰められた収穫ネットの上へ完熟して自然に落ちた梅を拾うのです。

木で完全に熟し、自然に落ちた南高梅を梅干に使用

完熟した南高梅は黄味を帯び、陽の当たった部分には鮮やかな紅色がさすようになります。翌日になると傷んでしまうほど熟しきっているため、収穫後すぐ水に浸して汚れや虫を取り除き、乾燥させてから塩漬けに。かつては、梅の入ったカゴを両肩に担いで梅畑と作業場を50往復し、その日のうちに急いで塩漬けしていたのだそう。

木で完全に熟し、自然に落ちた南高梅を梅干に使用

ちなみに、深見梅店の自社農園で有機栽培している南高梅は農薬を使っていないため、収穫してそのまま食べることも可能。香り高い完熟梅はとてもフルーティー、少し酸味のあるスモモのような味わいです。スイカと同じ糖度をもつほどで、地元の子ども達が集まる収穫体験では、取ったそばからパクパクと丸かじりする子が後を絶たないのだとか。

おすすめの読みもの