プレミアムマルシェ

Premium Marché 特選素材 5月は「トマト」 Premium Marché 特選素材 5月は「トマト」
楽しく読む

Premium Marché 特選素材

5月は「トマト」

その真っ赤な色から灼熱の太陽を思い浮かべたり、家庭菜園で夏にたくさん収穫できたりするため、夏野菜のイメージがすっかり定着しているトマト。ですが、たっぷりの太陽と涼しい気候、そして適度な乾燥を好むトマトの旬は、春~初夏と秋~初冬とされています。ハウス栽培技術の向上で、私たちは一年中おいしいトマトを食べることができますが、夏の気配が感じられるにつれ「真っ赤なトマトが食べたいな」なんて思う方は多いのではないでしょうか。

5月のプレミアムマルシェが注目したのは、今まさに旬を迎えているトマト。今回は、季節の旨みをギュッと閉じ込めた「トマトを使ったごちそうレシピ」をご紹介します。

旬の恵みをたっぷり味わえる、トマトを使ったごちそうレシピ

簡単なのに本格派。基本のトマトリゾット

簡単なのに本格派。基本のトマトリゾット

トマトの旨みをたっぷり吸いこませた、お米から作る本格的トマトリゾット。少し芯が残るくらいに炊き上げると本場ビストロ風に仕上がります。短時間で完成するので、おもてなしメニューのラストにもおすすめ。(調理時間:約25分)

材料・作り方
『基本のトマトリゾット』

[ 2人分 ]

・米 … 1合
・トマト … 2個
・ドライトマト … 2個
・玉ねぎ … 1/2個
・ズッキーニ … 1/3本
・バター … 20g
★顆粒スープの素 … 大さじ1
★水 … 600ml
・塩 … 小さじ1/2
・粉チーズ … 大さじ4
・こしょう … 少々

  1. トマトはヘタをとり、反対側に十文字の切り込みを浅く入れる。
  2. ヘタの部分にフォークを刺し、沸騰した湯に入れる。
  3. 30秒ほどして皮が少しはじけてきたら、冷水にとって皮をむく。
  4. (3)のトマトは小さめの角切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
  5. ドライトマトは粗みじん切りにする。
  6. ズッキーニは2cm厚さのいちょう切りにする。
  7. 鍋に★を入れて温めておく。
  8. フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れて透明になるまで炒める。
  9. 米を洗わずに加え、(5)のドライトマトも加えて炒め合わせる。
  10. (9)に(4)のトマトと(6)のズッキーニを加えて炒め合わせ、(7)のスープの1/4量を加えて混ぜる。
  11. かき混ぜながら途中残りのスープを数回に分けて加え、中火で15分ほど加熱する。少し芯が残るくらいに炊き上げる。
  12. 塩で調味して火を止める。粉チーズを加えてさっくりと混ぜ合わせ、こしょうをふる。
火を使わないさっぱりスープ。トマトのガスパチョ

火を使わないさっぱりスープ。トマトのガスパチョ

別名“飲むサラダ”とも呼ばれている、スペイン・アンダルシア地方の冷製スープ、ガスパチョ(Gazpacho)。真っ赤な完熟トマトにたっぷりの野菜を加えたヘルシーメニューです。冷蔵庫でしっかりと冷やしてからお召し上がりください。(調理時間:約10分)

材料・作り方
『トマトのガスパチョ』

[ 2人分 ]

・トマト … 2個
・きゅうり … 1/2本
・玉ねぎ … 1/8個
・セロリ … 1/2本
★酢 … 大さじ2
★塩、こしょう … 各少々
・にんにく … 1/2片
・トマトジュース(無塩) … 100ml
・生パン粉 … 25g

  1. 湯むきしたトマト、きゅうり、玉ねぎ、セロリはざく切りにし、★をまぶす。きゅうりとトマトは飾り用に少し取り分け、5mm角に切る。
  2. ミキサーに(1)、にんにく、トマトジュース、生パン粉を入れて攪拌し、冷蔵庫で冷やす。
  3. (2)を器に注ぎ、(1)の飾り用の野菜を散らす。
おすすめの読みもの