プレミアムマルシェ

Premium Marché 特選素材 3月は「お米」 Premium Marché 特選素材 3月は「お米」
楽しく読む

Premium Marché 特選素材

3月は「お米」

日本の食卓に欠かせないお米。「ふっくら炊けたご飯があれば、おかずはいらない」なんて人も多いのではないでしょうか。毎日食べる“食事の基本”であるからこそ、おいしさはもちろん、安心・安全であることにこだわりたい食材のひとつです。

3月のプレミアムマルシェが訪ねたのは、滋賀県野洲市で無農薬・有機栽培をはじめとする米作りを行う中道農園。おいしいお米が育つために欠かせない温暖な気候、日本一の湖・琵琶湖の美しい水をたたえた自然豊かな地で米作りに取り組んでいます。

与えるのは自然の恵み。田んぼに寄り添った米作りを行う「中道農園」

与えるのは自然の恵みだけ。田んぼに寄り添った米作りを行う「中道農園」

200年続く農家がこだわり抜いて育てる、安全でおいしいお米

近頃はスーパーでも無農薬・有機栽培のお米が買えるようになりましたが、それはここ数年のお話。日本では農薬使用が当たり前だった1980年代後半から、中道農園は減農薬栽培を実践。無農薬栽培基準を定めた「有機JASマーク」誕生以前から無農薬栽培にも取り組み、2000年にはJAS有機認証を取得。2008年からは水と空気のみで育てる自然栽培にも取り組んでいます。

自分が農薬で身体を壊したからこそ、無農薬・有機栽培にこだわり続ける

自分が農薬で身体を壊したからこそ、無農薬・有機栽培にこだわり続ける

中道農園の園長・中道唯幸さんが米の無農薬・有機栽培に目覚めたのは1982年ごろ。農薬の影響で高熱を出した父親の代わりに農薬散布を任された中道さんですが、自身も4~5年後に体調を崩してしまいます。そこで、まずは自分のために減農薬栽培をスタートさせました。

その後、研究機関や有機栽培をしている先進農家から情報収集し、1997年から無農薬栽培米を販売。長年にわたり採算が取れない状態が続きますが、2000年にはJAS有機認証を取得。アイガモ農法をはじめとする様々なチャレンジを繰り返しながら「自然界の植物や生物、動物と共存する方法」にたどり着き、収量も徐々に増加したのだとか。さらには、インターネット販売にいち早く取り組んだことで、安心・安全なお米を探していた全国の人たちからの支持を集め、今日に至っています。

自分の生き方・考え方を売ることで応援団が増えてくる

自分の生き方・考え方を売ることで応援団が増えてくる

最近、中道さんは多くの人に「なぜ有機栽培をしているのですか?」と聞かれるのだそう。そこで、正直に「自分が農薬で身体を壊したから」と答えると、そのエピソードをきっかけに中道農園のことを応援してくれる人が増えたのだとか。

「オーガニックではなく普通にお米を作っていたなら、もっと安い値段で売れるんです。なので、自分都合で有機栽培にしたことによる割高分を“お客さんに負担してもらっているんじゃないか?”と感じる後ろめたさがずっとありました。ですが、自分のわがままで始めた農業の応援団となってくれる人が予想以上にいたんです。自らの身を守るために始めた無農薬・有機栽培なのに、これほど多くの人の応援を受けて続けていられるとは、なんて幸せで贅沢なことなんだ!と思うんです。体調を崩したのは良くないことでしたが、農薬の影響に早く気づけたのはラッキーでしたね。

というのも、農家が作物と向き合わず必要以上に散布するから、農薬が悪者扱いされてしまっているんです。実際に農薬のおかげで助かっている人もいますし、減農薬栽培についても、農薬の特性をしっかり理解したうえで、必要なところに必要なだけ使うのがいいと考えています」

おすすめの読みもの