プレミアムマルシェ

Premium Marché 特選素材 2月は「柑橘」 Premium Marché 特選素材 2月は「柑橘」
楽しく読む

Premium Marché 特選素材

2月は「柑橘」

いよかん、ポンカン、せとか、はるか、文旦、清見etc. 2月から3月にかけて、柑橘類は毎週のように異なる品種が登場する出荷ラッシュの季節を迎えます。その丸くて愛らしい形、フレッシュな香り、たっぷりと蓄えられたみずみずしい果汁で、今年も私たちを楽しませてくれるでしょう。
2月のプレミアムマルシェが注目したのは、愛媛で育つ柑橘類と、柑橘を愛してやまない方たち。抜群の剪定技術で良質なみかんを育てる「梅村農園」、みかんを中心にして人と町と自然をつなぐ「無茶々園」、宇和島産の柑橘類が勢ぞろいする「宇和島青果市場」を訪れました。

味の決め手は父親譲りの剪定技術。良質なみかんの里「梅村農園」

味の決め手は父親譲りの剪定技術。良質なみかんの里「梅村農園」

市場で3倍の値がついた梅村農園のみかん

口に入れた瞬間にパッと広がる果汁と、その爽やかな香り。おいしいみかんを食べたとき、私たちは幸せな気分も一緒に味わうことができます。味に定評のある梅村農園のみかんはその品質を認められ、他のみかんと比べて約3倍の値がついた年もあるのだとか。このおいしさを育んだのは恵まれた土地の条件に加えて、父親から受け継がれた抜群の剪定(せんてい)技術だったのです。

おいしいみかんが育つための条件がそろった土地

おいしいみかんが育つための条件がそろった土地

梅村農園があるのは、宇和島市の中心部から少し南西方向に下がった津島と呼ばれる地域。農園の広さは8.7ヘクタール、つまり東京ドーム約2個分もの敷地で10,000本弱の柑橘類が育てられています。その品種は、温州みかんや不知火(デコポン)、河内晩柑、愛媛果試28号など15種類。それぞれ旬が異なるため、7~8月以外は毎月何かの収穫を行っているのだとか。

「すり鉢状の土地は太陽が良く当たり、台風の風は当たりにくい。また、土壌が若干荒いから水はけがよい。とにかく土地の条件がすばらしいから、状況がいいときはA級ランクのみかんが95%の割合で収穫できる」と話すのは、梅村農園のオーナー梅村健則さん。

作り手の“剪定センス”が味に直結する

作り手の“剪定センス”が味に直結する

柑橘類は苗を植えてから7年ほどの育成期間を経て、8年目から質の良い実をつけるようになります。その後手入れをきちんとすることで、50年ほど収穫し続けることができるのだとか。繰り返しおいしいみかんを実らせるためにも、毎年2~5月には、不要な枝を切り落とし生育を促すための剪定作業を行います。この作業がうまくいけば、1年の作業のうち8割は終わったとも言えるほどなのだそう。

みかんの味を決めるのは太陽や土壌といった自然条件に加えて、生産者の“剪定センス”が直結している、と話す梅村さん。

柑橘類の木は手を加えずにいると逆三角形に上へ広がって成長してしまうのを、剪定で三角形に整えてやる必要があります。また、おいしいみかんは赤道面(図参照)にしか成らないと言われていますが、木の中にも陽が当たるようしっかり剪定してやることによって、木全体においしいみかんが成るのだそう。

「親父が愛媛でもトップの剪定技術をもっていて、受け継ぎたいとしっかり見て覚えたし、年中剪定のことだけ考えている。剪定において、宇和島では誰にも負けないよ」と力強く話す梅村さん。

自然相手なので何があるか分からない

自然相手なので何があるか分からない

一度植えると50年収穫できるとはいえ、みかんが実を結ぶのは年にたった一度。収穫までの間に台風が来て実が落ちたり、霜や雪害で売り物にならなくなってしまったりすることも。数年前には、田んぼを荒らした後のカメムシが柑橘山へ大量に押し寄せ、果汁を吸われてしまったこともあるのだとか。一年かけて育てたみかんをしっかり出荷するために、霜を防ぐファンを導入したり、網をかけたり、農薬を試したりと、年中苦労が絶えないのだそう。また、良い剪定ができてもおいしいみかんができたかどうかは正直食べてみないとわからないため、「収穫時期にはワクワクすると言うみかん農家もいるけれど、俺は心配で毎年胃が痛いよ」と、苦笑いの梅村さん。

店頭でできるだけおいしいみかんを選ぶには

店頭でできるだけおいしいみかんを選ぶには

生育状態のチェックとして毎日みかんを食べている梅村さんに、おいしいみかんを選ぶためのコツを教えてもらいました。

まず1つめは「サイズが大きすぎないこと」。店頭でSMLとサイズが選べるならば、Mサイズは味の良いことが多いのだとか(生産者さんが好んで食べるのは、市場にあまり出回っていないSSサイズだそう)。2つめは「皮が薄いこと」、そして3つめは「ヘタが小さく、ヘタの色は緑より、黄色・オレンジがかっていること」だそう。ちなみに、梅村さんがおいしいと思うみかんは「ヤマモモの味や香りに近いもの」なのだとか。

若い世代にみかんで「食べられる」ようになって欲しい

若い世代にみかんで「食べられる」ようになって欲しい

「これからは若い研修生に2ヘクタールほどまかせて、必要な機械も貸して、みかん畑の経営をさせてみようと思っている。梅村農園でのアルバイトと自分の畑で収入を得ることで、できれば年収600万円ほどを目指してもらいたい。それだけあれば公務員なみの稼ぎになるので」と話す梅村さん。

最近、梅村農園では50年前に植えられた木を新しい苗に植え替えたのだとか。その苗が8年後に初めての収穫を迎え、更には50年後も収穫し続けるためにも、宇和島で新しい世代のみかん農家がどんどん育ってゆくことの必要性を強く感じました。

おすすめの読みもの