プレミアムマルシェ

お知らせ

お米由来の食品素材「ライスジュレ」が
「2018年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞」を受賞

2019年1月4日

<お米由来の食品素材「ライスジュレ」>
<お米由来の食品素材「ライスジュレ」>

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社(本社:大阪市、社長:橋本康治)が販売するお米由来の食品素材「ライスジュレ」が、「2018年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞しました。

本賞は、毎年1回、特に優れた新製品・サービスを表彰するもので、今回で37回目を迎えます。ノミネートは公募によらず、日本経済新聞社が独自の基準で選定します。今回の受賞においては、お米の消費拡大と日本農業の活性化に向けた取り組みであるという点などが評価されました。

今後もヤンマーは、米の需要開拓で生産者を支援していくとともに、安心して食の恵みを享受できる社会の実現と、安心・安全な食の提供を目指してまいります。

ライスジュレについて

週末一般開放しているヤンマー本社社員食堂「プレマルオーサカ」では、ライスジュレソフトクリームを販売しています。また、今秋より、「プレマルショップ」、「プレマル.com」でライスジュレを使ったヤンマーオリジナルのフィナンシェやバゲットなどの販売を予定しています。

ライスジュレについて

「ライスジュレ」は、米の新たな需要開拓で農家の安定的な収益の確保を目指して量産化した、お米と水だけで出来たゲル状の新たな食品素材です。保水性・乳化性、増粘ゲル化安定などの独自の機能を有し、パンやお菓子の食感改善や、ハンバーグや麺類のつなぎ、ソースやスープのとろみなど、あらゆるシーンにおける食の課題を解決することができます。

ヤンマーのライスジュレの取り組みについて
ライスジュレについて

ヤンマーについて

 1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
 「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。詳しくは、ヤンマー株式会社ウェブサイトをご覧ください。
※ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。